ゲート処理

スポンサードリンク


ゲート処理合わせ目消し部分塗装墨入れデカール・シール貼りシャドー兼汚し塗装仕上げコート

1.ゲート処理

 ランナーからパーツを切り離して、切り離し部分をきれいにします。

 ゲート処理のコツは、パーツから少し離して切ることです。
 まず、ランナーから1mm程度ゲートを残したまま、パーツを切り離します。
 次にゲートの厚さが薄い方を挟んでニッパーで更にゲートを落とします。
 初心者の方は、鋭利なニッパーでパーツギリギリで切って、やすりがけを省略しても良いでしょう。


 実際には、鋭利なニッパーで切っても切断面は白化するので、少し慣れて来たら
 ゲートをちょこっと残して、やすりがけで綺麗にしましょう。
 切り離し部分を鉄やすりで軽く削ぎ落とし、紙やすりを400番→1000番と順にかけていきます。
 キットによっては1500番までかけてください。
 紙やすりは写真のように切って、番号を書いておくと使いやすいです。


 鉄やすりや400番の紙やすりをかけると、ゲート以外の部分も傷ついてしまいますが
 気にしないでください。1000番(若しくは1500番)までかければ綺麗になります。
 それでも若干跡が残りますが、最後にTOPコート(つや消し)を吹けば見えなくなります。


 それでもゲート跡が残ってしまう場合がよくあります。
 そんな時は成型色と同じ色のガンダムマーカーでちょいと塗ってやれば目立たなくなります!


 但し、合わせ目消しをする部分のゲートは、鉄やすりでゲートを削ぎ落とす程度にし、
 紙やすりはかけないでください。

 合わせ目を消す部分を接着する前に削ると、段差ができて合わせ目を消し難くなります。

 成型色を生かす場合、この後が残ると目だってしまうので、丁寧にがんばりましょう。
 だからと言って削りすぎてしまうと、簡単製作でなくなります(笑)
 と言いつつ管理人もかなり苦戦しています(T_T)

 Q&A: ゲート処理失敗!!どうしましょう?
 Q&A: コンパウンドの使い方は?
 Q&A: 紙やすりは水につけるの?

このページの先頭へ

ゲート処理合わせ目消し部分塗装墨入れデカール・シール貼りシャドー兼汚し塗装仕上げコート

超簡単制作法 ガンダムのガンプラ 合わせ目けし

ガンプラの作り方ガンダム壁紙ガンプラ通販
超簡単ガンプラ(ガンダムSEEDのプラモデル簡単製作)