超簡単撮影法 〜ガンダムのプラモデル、超簡単改造、塗装、作り方by超簡単ガンプラ〜

ここではガンプラの簡単な撮影方法をご紹介しています♪

スポンサードリンク


 せっかく作ったガンプラです。カッコ良く撮影してみんなに見てもらいたいですよね!
 ちょっと工夫すれば、カッコ良いガンプラ写真は簡単に撮れます。
 例えば・・・

こんな写真がこんな風に!

 さあ皆さん、頑張りましょう!!


1.デジカメを買う

 撮影道具をそろえます。

 普通のカメラで撮影してスキャナーで読み込んでも良いのですが、
 やっぱりパソコン用の画像というのはデジカメで撮った方が簡単ですし、綺麗に撮れます。

 ガンプラ撮影用の場合、必要性能は100万画素以上でマクロ(近接撮影)機能が付いたものですね。
 2万円もしないで買えますよ〜

このページの先頭へ

2.撮影準備!!

 撮影環境を整えます。

 ここがまずポイントです。
 撮影場所は、日の光が入る明るい場所が良いです。
 ここではダイニングテーブルとイスを使ってご説明します。



 次に背景用に単色の布とアルミホイルを用意します。
 写真の背景は何も無い方が被写体が目立ちます!!
 布はキットが目立つ色をチョイスしましょう。まあ、僕は何でも黒にしちゃいますが(笑)
 適当な布がなければ、バスタオルやシーツ、テーブルクロス等、なんでも良いでしょう。
 ただ柄物は避けてください。

 その布をイスにかぶせて、アルミホイルをテーブルの上から垂らせば撮影準備完了です!!



このページの先頭へ

3.撮影開始!!

 いよいよ撮影します!!

 さあ、撮影開始です!!
 最初にマクロ(近接撮影)機能をONにします。
 この機能は花等の撮影によく使われるのでチューリップのマークが定番です。
 マクロ機能でも限界がありますので、ちゃんとピントが合う距離で撮影してください。

  まずは1枚。
如何でしょう?
バックもすっきりでまあまあ良く撮れてますね。
でもなんだかあじけない写真です。
そこで・・・
  今度は如何でしょう?
明暗が出て良い感じですね。
これはフラッシュをOFFにして撮影したものです。
でも光が当たらない部分がちょっと暗いですね〜
  そこで先ほどのアルミホイルを利用して
影の部分にも光を当ててやります。
アルミホイルはわざわざちぎらなくても良いです。
これならお母さんにも怒られない?(笑)
  さあ、如何でしょう!!
かなりカッコ良い写真になりましたね〜
先ほどの写真と比べてみてください。

 たったこれだけです。
 簡単ですね〜。ちょっと工夫するだけでカッコ良い写真が簡単に撮れますよ〜
このページの先頭へ

4.撮影時のポイント

 失敗しない為のアドバイスをご説明します。

<失敗例1>
撮影時にカメラがぶれてしまったものです。
日の光を利用した撮影は照度が高いので
この手の失敗は少ないのですが、
シャッターを押す力が強すぎたり、
体が安定していないとこうなってしまいます。
しっかり脇をしめて体を何かに固定して
撮影すると良いでしょう。
<失敗例2>
顔に照準を合わせるのはとても良いことです。
目にピントが合うと写真が引き締まります!!
ただこれは写真の上部の隙間が広いと思いません?
キットを画面全体に入れるように工夫しましょう!!
<失敗例3>
これはキットが小さすぎて迫力がありません。
左右の隙間も気になりますね〜
この手の失敗に、布からはみ出して背景に
別のものが写りこんでしまうというのもありますが、
写真サイズの調整でリカバリできますので
気にしなくて良いかもしれません。

 これで撮影は完璧です!!
 その他のポイントとしては何枚も同じポーズを撮影することですね。
 そしてポーズもいろいろ工夫して、とにかくたくさん撮りましょう!!
 大体、1ポーズ最低3枚×10ポーズ以上が目安です。
 このくらい撮らないと、けっこう使える写真がないものです(笑)
このページの先頭へ


5.更にカッコ良く撮るには

 現在、僕が撮影している方法です。

 最初に日の光が入る明るい場所での撮影方法をご紹介しましたが
 実は曇りや雨の日の昼間くらいの明るさの方がガンプラ撮影には良いです。
 そして、アルミホイルの代わりに蛍光灯スタンドを使います。
 その他は最初にご説明した通りです。
 夜オール蛍光灯の中で本格的に撮影するよりも簡単に綺麗な写真が撮れますよ〜

この写真が更にこんな風に!

<ピンボケでお悩みの方へ>
 ピントを顔に合わせてシャッターボタンを半押ししてから
 ずらして撮影する方法を覚えましょう!!
 カッコ良いポーズを撮るとライフル等にピントがあってしまったりしがちですが、
 半押しした時点でピントが合いますから、まず邪魔者を避けてピントを合わせてから
 水平移動して(距離を変えないでください)撮影しましょう!!

 手前に邪魔者がなくてもピンボケしてしまう方は、太陽光での撮影をお勧めします!
 明るいとシャッタースピードが早いので手ぶれの心配が少なく、初心者には一番良い方法です。
 カメラを三脚に固定するのも良いですが、シャッタースピードを上げた方が簡単です。
このページの先頭へ

 如何ですか?これだけでかっこいいガンプラ写真の完成です!!


「超簡単製作法」又は「簡単フィニッシュ法」によるガンプラ写真募集!!

 自分なりに良くできたけど、本格的なものと比べられるのはちょっと…と言うそこのあなた!
 当HPならそんな心配はありません。奮ってご応募ください♪


 応募方法はこちらをご覧ください。




 ガンダムのガンプラ

ガンプラの作り方ガンダム壁紙ガンプラ通販
超簡単ガンプラ(ガンダムSEEDのプラモデル簡単製作)