ガンプラの投稿作品コーナー。ガンダムのプラモデル「ガンプラ」の簡単製作で作ったゲスト作品画像です。 超簡単ガンプラ

Guest No.310 RGM-79D GM寒冷地仕様
投稿者: たかまる 様
SCALE:1/144 Series:HGUC 所属:地球連邦軍 投稿月:2004/02

    こちらは、たかまる様の投稿作品第5弾、HGUCジム寒冷地仕様です!!
    いや〜、丁寧かつ素晴らしい仕上がりで超カッコ良いです!!
    なんとコンバットナイフは自作ですか!!
    次回作も期待していま〜す!!

    以下、たかまる様のコメントです。



    ど〜も、たかまるです。
    今回は HGUC RGM−79D ジム寒冷地仕様です。
    ジムの中でも高い人気を誇る寒ジムですね。
    ジム好きの方なら必ず作っているキットでしょう。

   <作製手順>
    仮組み→改造しながら合わせ目消し→部分塗装とスミ入れ→マーキング→クリアつや消し

    頭部パーツは少し手順が違います。
    このキット、頭の中身がゴーグル越しに見えちゃっています。
    そこで、頭の中身を黒く塗装してから接着しました。
    これだけでも中身が目立たなくなりますがゴーグルの色調が少し変なので、
    表面をクリアブルーで塗装してあります。

   <改造箇所>
    ☆頭部アンテナを真鍮線に交換。
    ☆足首部分にアルミ線とラピーテープで作ったシリンダーを埋め込んであります。
    ☆マシンガンのストック部分は、片手でも違和感なく持たせることができるように
     真鍮線で上下に可動できるように加工しました。
     グレネード部分は切り離して、真鍮線で取り外し可能に。
    ☆ビームサーベルのブレード部分はクリアブルーのプラ棒を加工。
     コンバットナイフはプラ板で自作したものです。
    ☆焼き入れ、ピンバイス、ケガキでモールドを追加。

    マシンガンのストック部分の改造はプラ板と真鍮線で結構簡単にできます。
    改造しておけば、他のキットに持たせるときに便利ですのでお試しください。
    コンバットナイフは完成した寒ジムを眺めていたときに、同じ出渕メカの
    99式ヘルダイバーがフッと頭に浮かんだので自作して持たせてみました。
    追加モールド、マーキングはGMのスマートさを損なわないようサックリと仕上げました。
    ちなみに左肩のARBは、北極基地(ARCTIC BASE)の略です。












感想は掲示板

 ガンダムのガンプラ

ガンプラの作り方ガンダム壁紙ガンプラ通販
超簡単ガンプラ(ガンダムSEEDのプラモデル簡単製作)