ガンプラの投稿作品コーナー。ガンダムのプラモデル「ガンプラ」の簡単製作で作ったゲスト作品画像です。 超簡単ガンプラ

ZGMF-2000 グフイグナイテッド量産型
Guest No.1077 ZGMF-2000 グフイグナイテッド量産型
投稿者: ひさ@LesPaul 様
SCALE:1/144 Series:HG 所属:ザフト軍 投稿月:2009/02

    こちらは、ひさ@LesPaul様の投稿作品第18弾、HGグフ・イグナイテッドです!!
    丁寧な製作に改修工作も秀逸でカッコ良いです!!
    縦割り&部分塗装が多いキットは簡単製作にはちょっとつらいですよね。

    なんと今回、HGUCジム寒冷地仕様とのダブル投稿です!!
    ぜひ、こちらもご覧ください!!

    以下、ひさ@LesPaul様のコメントです。



    今回はHG 1/144 ZGMF-2000 グフ・イグナイテッドを投稿させていただきます。
    ブログの知り合いの方の影響を受けて、なにかSEED系から作ろうと思い立ち、
    録画しておいたSEED DESTINYを初めてマトモに見ましたw
    (妻が好きだったんで、自分は見てなかったんですよ)
    やっぱり1年戦争モノが絡んでくるようです^^;
    オリジナルだったらムラサメを作るところですが、
    No.60で既にオリジナルの機体として作ってるので、やはりこのキットになりましたw

   <キットレビュー>
    とにかく縦割りです。
    最近こういう縦割りキットばっか作ってる気がする…(・ ・;
    しかも部分塗装の範囲が広いので、これまた簡単Fモデラー泣かせのキットです。
    可動範囲はなかなか広いものの、付属してくる武器が少ないのがちょっと寂しいです。
    その代わり、台座がついてくるので、劇中のポーズを取らせて飾ることができます^^

   <今回のテーマ>
    SEED系キットを作ること自体がすでにテーマのようなものなので、
    ずばり「SEED系キットに挑戦する」が今回のテーマとなりました。
    部分塗装や合わせ目をどう切り抜けていくかが鍵となりそうです。

   <作成方法>
    ・超簡単作成法で作成。
     上記の通り、スジ彫り・スミ入れ・部分塗装をしながらの作業です。
     今回はスミ入れにリアルタッチマーカー・ブルーを選択しました。
     なんとなく、SEED系のキットは汚れた感じが似合わないと思ったのでw

    ・合わせ目消し
     前腕、太もも、脚部分に、モールド処理と合わせ目消しする部分を分けながら組み立てです。

    ・部分塗装
     シールドが真っ青なのに驚愕(汗)
     しかもバックパックのフライトユニットの翼も、真っ黒(爆)
     がんばってガンダムマーカー・ホワイトを筆塗りで重ね塗りしていきました。
     多少ムラが出るのは仕方ないかなと、半ば諦め入ってますw

    ・胸部の左右に、ダクト風のモールドを追加。

    ・ビームガンの開口
     腕についてくる、ビームガンの部分を1.0mmピンバイスで開口しました。
    ・フロントアーマーの左右独立加工
     腰アーマーを左右独立で動くよう、真鍮線を仕込みました。

    ・シールドスパイクの加工
     今回、新しくチャレンジした技が、スパイク延長・尖端鋭利化です。
     まずスパイクを適当な位置で尖端を切り飛ばします。
     次に伸ばしランナーを作って、切り飛ばした先端と同じ径ぐらいに切ります。
     そして、それを接着剤でくっつけ、放置!
     乾燥したら、デザインナイフで大まかな形を出して、ペーパーがけをして完成です。

    ・モノアイの可動工作
     このグフ、そのままだとシールでモノアイを再現されてるんですけど、なんと動かない!
     モノアイスキーとしてはそれはいただけない、ということで、
     モノアイ可動の工作をすることにしました。
     モノアイの受け軸が2mmぐらいだったので、
     3mmプラ棒に0.5mm→2.0mmと徐々にピンバイスの径を大きくして、穴を開けました。
     それを基部にして、ウェーブのO-ボルトを使用してモノアイを作りました。

    ・肩アーマーにマイナスモールドを追加

    ・デカール貼り
     ここで久々の妄想設定w
     パイロットはF.A.I.T.H(フェイス)特務隊所属。
     ギルバート・デュランダル議長の進める、ディスティニープランを遂行すべく任命され、
     その為に個人で行動している。
     近接戦闘を得意とする為、グフ・イグナイテッドを拝領した。
     多くのフェイス所属のパイロットは、MSをパーソナルカラーに仕立てるが、
     このパイロットはノーマルペイントのグフ・イグナイテッドを使用している。
     しかし、各部バーニアは自らチューンナップした物を使用し、
     その為バーニアのみゴールドになっている。
     という設定です。
     デカールはどうも苦手なので、マークソフターを使用しました。

    ・トップコート(つや消し)を吹いて終了です。
     総じて見てみると、かなりいい感じにまとまったんじゃないかと。
     白い部分の塗装ムラと、結局若干のデカールのシルバリングが起きて残念ですが、
     個人的にはなかなか満足いく仕上がりになりました^^
     特にモノアイと延長して尖らせたスパイク、そしてゴールドの配色がお気に入りです。

    作成しながら、録画しておいたDESTINYを流しながら作成していたので、
    思い入れもひとしおというところです^^
    ご意見、ご感想などいただけたら嬉しいです。
    詳しい製作日記はブログに掲載しております^^
    よかったらこちらもご覧くださいませ^^












感想は掲示板へ 又は 

 ガンダムのガンプラ

ガンプラの作り方ガンダム壁紙ガンプラ通販
超簡単ガンプラ(ガンダムSEEDのプラモデル簡単製作)